全国でバーチャルオフィスを展開、ならびに家具インテリアの販売・コーディネート事業を行う

株式会社MOOR

私たちはこんな会社です


当社は家具インテリア事業を創業事業として、2009年に会社設立いたしました。日本人の仕事や文化のレベルに対して、住宅事情のクオリティが低いことに疑問を感じたことが事業のスタートのきっかけです。2010年からは家具インテリア事業の経験を活かして、起業家支援サービスの一環として、「ワンストップビジネスセンター」というブランドでバーチャルオフィス事業をスタートいたしました。

>当社について


バーチャルオフィス事業

ワンストップビジネスセンターのブランドのもと、札幌、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡地区の全国26拠点(2018年11月現在)で展開しております。

また海外法人を設立される方のために、香港、シンガポールでもバーチャルオフィスサービスを提供しています。

>ワンストップビジネスセンター(https://www.1sbc.com/)

ワンストップビジネスセンター のロゴ

株式会社MOORが運営するワンストップビジネスセンターは、今では起業家やデザイナー、カメラマン、プログラマーのようなフリーランサーばかりでなく、士業の先生、ネットショップのオーナー、サイドビジネスをされる主婦の方々、地方の中小企業様など多種多様で5000を超える会員様にご利用いただいております。

ワンストップビジネスセンターの会員様からも多くのご相談をいただきましたが、起業される際、住所の公開などプライバシー面がとても不安になる方が多いです。

賃貸オフィスを借りればオフィスの住所をビジネス住所に利用できますが、当然毎月の家賃コストがかかります。ワンストップビジネスセンターも本店を構える青山をはじめ、表参道、麻布十番、銀座、新宿、池袋、渋谷、六本木といった都内一等地エリアにオフィスを借りることは、初期費用だけでも100万を超えてしまい、高いリスクをかかえてしまう可能性があります。

「ビジネスで使える事業用の住所がほしい」、「自宅やカフェで作業ができるからオフィスは不要」、そんな方々のご要望にお応えし、起業家を増やしていけるよう立ち上げたサービスがバーチャルオフィス事業です。

ワンストップビジネスセンターでは、法人登記可能な住所が月額5000円以下の料金でご利用できます。バーチャルオフィスに届いた郵便物を毎週無料でお客様の住所へ転送する郵便転送もあります。

また、お客様専用の固定電話番号も取得でき、事業用にご使用できます。ワンストップビジネスセンターの電話対応サービスは、電話転送サービスや電話秘書代行サービスもご用意しております。

株式会社MOORの創業事業であるインテリア事業を活かして、雰囲気が良く、完全個室、駅近徒歩圏内の格安レンタル会議室もご用意しております。

従来の起業といえば、多くの方がオフィスを構えて、スタッフを雇用するイメージをお持ちですが、実際にすべて必要なことでしょうか?

会社設立用の住所利用サービス、電話応対してくれるスタッフサービス、必要な時だけレンタルできる会議室利用サービス、郵便物の転送など、必要最低限のオフィスサービスで起業はできてしまいます。

起業、独立の形は人それぞれですが、株式会社MOORはより多くの方が起業家になれるよう、起業のハードルを下げて起業の楽しさを感じていただけるように、バーチャルオフィス「ワンストップビジネスセンター」を運営しております。

>バーチャルオフィス事業


家具販売事業


家具インテリア事業では主に法人向けのインテリアコーディネートサービスを行っています。 関東だけでなく、全国にサービス提供可能です。 海外からの輸入業務に強いスタッフが揃っており、必要に応じて、現地から直接買い付けも行っています。

>家具インテリア事業


ページトップ